IT転職は未経験40代だって可能!転職を失敗しない4つの戦略

Webマーケティング

40代未経験からIT転職は自分のキャリアに必要だろうか?

40代未経験からIT転職はハードルが高いんじゃない

IT転職40代未経験からのポイントは?

40代未経験からIT転職をするにしてもどんなことが出来るんだろう

そう思って悩んでいる方に解説したいと思います。

  • 40代未経験からIT転職する際に考えておく事
  • IT業界の職種と平均年収
  • 40代未経験からIT転職はハードルが高い?心構えは?
  • 40代未経験からIT転職する時の戦略4つ
  • 本気なら転職に特化したプログラミングスクールを利用しよう

この記事を書いている私は、もともとITとは程遠い業界の人間でした。

現在収入は会社員時代よりも稼ぎ安定もしています。主にブログがメインでこの他に2つのブログ運営をしています。

最近はクラウドテッククラウドソーシング「ランサーズ」でちょっとしたお小遣い稼ぎもしてますので、ちょっと収入も伸びたかな?

ちょっと怪しげですが、人より早く他業種からIT業界に入ったのは確かなのと、Webマーケティングとアフィリエイトの初期のころから携わっているので、どういうトレンド、どうした流れで今来ているかの経験はあります。

1つだけ言えるのは、ITに魅力を感じ、実践してきた事、多くの失敗も成功もしてきたので、そのノウハウや知識を共有したいと思います。(#^.^#)

働きたくないというより、働きたいときに働くというスタイルです。このスタイルになったのもたまたまですが、IT業界に入っておいてよかったと思います。私の場合はWeb系ですが、性格に合っていると思います。

ちなみに最近のおこずかい。

ランサーズ

これもWeb系に軸足を移したおかげだな。

クラウドソーシング「ランサーズ」
クラウドソーシング「ランサーズ」




サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」

40代未経験からIT転職する際に考えておく事

Webマーケティング

40代未経験からIT業界へ転職する際、まずはじめに考えるべきことについて解説します。

これからの人生で必要な転職か?

転職は40代にとって大きなターニングポイントになります。

家族、子供、親と将来の自分と周囲に良い影響を与えるのか、まずはあなたのキャリアプランを明確に定め、そこから逆算して、転職が最善なのかを考えてみましょう。

まずIT業界はシステムエンジニアなどの開発職以外にも、様々な職種があります。

これからの人生で必要な転職だと感じたら

「IT業界」というとプログラマーなど現場で働く、スキルが必要などといったイメージや働き方が思い浮かぶと思います。

これからの人生で必要な転職だと感じているなら、IT業界でどんな職種があって、自分に向いているのは何なのか?必要なスキルは何か?しっかり事前に調べておきましょう。

当然年収のことも課題となりますが、業種にこだわりがないなら、広く視野を持っている方が、転職がスムーズに進みます。

IT業界の職種と平均年収

Webマーケティング

システムエンジニア

システム開発に関わる一連の業務全てを幅広く行うのがシステムエンジニアです。

平均年収は500~600万円程度

プログラマー

システムエンジニアの作成した設計書を元に実際のプログラミングを行うのがプログラマーの役割です。

平均年収は約430万円

営業職

開発したシステムやソフトウェアを紹介し、受注を取ってくる仕事です。

平均年収は472万円

WEBディレクター

Webマーケティング

Webサイト開発などのディレクションを行う仕事です。

平均年収は全体で452万円。 年代別では20代が371万円、30代は471万円、40代以上で559万円となっています。

ITコンサルタント

システムによってどのように改善・解決されるのかを提案するのがITコンサルタントの仕事です。

平均年収は ・20代前半:434万円 ・20代後半:526万円 ・30代:686万円 ・40代:916万円

プロジェクトマネージャー

プロジェクトの全体を把握・管理し、進行する役目を担うのがプロジェクトマネージャーです。

平均年収は660万円です。ほかのIT系の職種の中でもかなり高い年収になっています。

40代未経験からIT転職はハードルが高い?心構えは?

40代から未経験の仕事への転職は現実的に可能なのでしょうか?

2020年現在、IT業界は人材不足が続いている

IT業界

出典:IT人材需給に関する調査(概要) – 経済産業省

2019年の時点て経済産業省が出したIT人材の今後の需給調査です。

明らかに足らないのがわかりますよね。( ;´Д`)

2020年現在、IT業界は人材不足が続いているけど

しかし、企業からすれば当然20代、30代と並ぶと40代は不利です。

同じ職種に応募している人が複数いる場合、年齢、経験の面から不利になってしまうでしょう。

しかも、国内の企業はすでに海外に会社を作りそこで、エンジニアを雇うということもしています。

出典:SEGAゲームスの最先端の新スタジオがソフィアにオープン

また、2020年から小学校でプログラミングが必須科目になりました。

いきなりプログラミングとかは、さすがに知識がないと無理だけど、前職で営業やマーケティングをやっていたらかなりOKかも?

IT業界未経験の40代なら技術系職種以外を

Webマーケティング

IT業界へ転職を考える場合、開発経験がなければ技術系以外の職種を選ぶことをおすすめします。

IT業界は実力主義的なので、まったく経験がないと完全に新人からのスタート。しかもエンジニアとなると、経験が必要なので、40代から経験を積むのはハードルが高い。

必ず開発系をやりたいというこだわりがないなら、技術系職種以外で転職しましょう。

前職で、マネージメント経験や営業経験があればプロジェクトリーダーや営業職などがオススメです。

40代未経験からIT転職するなら自分の弱点を知っておく

40代からの未経験職種への転職が難しい理由にもなりますが、年齢によってウィークポイントになることがあります。

働く期間が短い

企業からすれば出来れば、長く経験を積んで、欲しいと思っているはず。

何故なら教育コストなど、転職してくる人に掛かるコストを下げたいと考えるのが経営者だからです。

40代転職は長く働くことが出来ないという観点から難しいと考えられがちです。

IT企業の技術革新についてこれない

一番危惧するのがこれです。IT業界のスピード感に適応するのが難しいと、思われてしまうと、足を引っ張っているのと同じ。

常に勉強を怠らない姿勢で望まないと、スピード感に適応することが難しいでしょう。

前職のスキルが活かしづらい

新しいIT技術への慣れ、というのも課題ですが、特にエンジニアとして開発職として炎色となると、前職のスキルは全くハマりません。

これまでの職場で培ったスキルと全く違う別のスキルが必要とされるのです。

40代からの未経験職種への転職の心構え

Webマーケティング

40代で未経験のIT業界に転職しようと考えているのですから、それ相応の覚悟があると思いますが、求人側の企業が考えていることや、予想されることを上げておきます。

  1. そもそも40代未経験からIT転職するのは難しい。
  2. 条件の合う会社に出会えるかは分からない
  3. 40代の転職活動期間は長くなると覚悟する(3か月から6か月)
  4. 自分より年下のもと働く環境になる
  5. 給与が大幅に下がる可能性が高い

ここまで書くと先が真っ暗と感じてしまうかもしれませんが、次は「40代未経験からIT転職する時の戦略4つ」を解説します。

40代未経験からIT転職する時の戦略4つ

Webマーケティング

40代未経験からIT転職する時の戦略4つを解説します。

転職活動は会社を辞めずに行う

先ほど書いたように転職活動が長期化することが考えられるため、今の会社に在籍したまま転職活動を行う方が精神的にも収入的にも安心できます。

会社を踏み台にするくらいの気持ちで働けば、いいんじゃないでしょうか?

今の生活続け、プログラミングを学びながら転職活動を行う方が、結果としてうまくいく可能性が高くなることもあると思いますよ。

学べることは可能な限り事前に学んでおく

IT転職を成功させるのにとても大事なことです。

プログラミング言語を独学する

プログラミングを独学するのには、インターネットで調べたり、本を読んだりしながらすることは可能です。

ただし、自分がどれだけ実力がついたのかを測りづらいという点もあります。コストは低く抑えるメリットはありますが、独学で学ぶと途中で挫折してしまう可能性が考えられます。

プログラミング勉強はプログラミングスクールか独学かIT転職か?

プログラミングスクールに通う

Webマーケティング

未経験からプログラミングの知識を身につけるなら、スクールに通うのがおすすめです。

独学でも、参考書や学習サイトを使ってプログラミングを身につけることは可能です。しかし挫折してしまう確率が非常に高いです。

スクールではメンター(講師)に質問することができるので、わからない部分は基本からアドバイスをもらうことができまし、就職まであっせんしてくれるスクールもあるので、そういったプログラミングスクールの活用もいいでしょう。

資格を取得する

「基本情報技術者試験」や「ITパスポート」という資格は、基本概念やデータベースの構造、ネットワークの構成などの基礎知識を身に付けるにはいいと思います。

何もしないよりはいいと思うので、資格習得を転職のアピールポイントとしてもいいでしょう。

ただし、資格を習得する時間がない、都合が合わないというときは、過去の問題などを解くだけでも知識となります。

転職エージェントを活用する

ご自身の年齢や経験が、転職において不安な点がある場合は転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントでは、転職希望者の要望に応じたサポートを実施。履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、あなたの条件に沿った求人の紹介、市場価値の調査などを行ってくれます。

転職エージェントは転職活動のプロフェッショナルです。豊富な経験や過去の実績からあなたの転職をサポートしてくれます。

強い転職サイト・エージェント

Webマーケティング

経験をアピールする

40代の社員に期待しているのは「チームのマネージメント」

情報処理や開発は出来なくてもチームとしてのマネージメント力があればそれがアピールとなります。

もしあなたが現職でマネジメント(新人教育などを含む)を行っているのであれば、その経験をアピールしましょう。

本気なら転職に特化したプログラミングスクールを利用しよう

Webマーケティング

あなたが本気で開発職に転職したいと考える場合は、転職に特化したプログラミングスクールの利用をおすすめします。

私としては、プログラミングスクールでプログラミングを学ぶことは、キャリアアップもそうですが、あなたのスキルアップになるので財産として残りますから、おすすめです。

プログラミングスクールのメリットとして

  1. プログラミングスクールでプログラミング学習から転職の流れがスムーズ
  2. プログラミングを理解していることで、周囲からの理解が得やすい
  3. プログラミングだけでなく、専門のアドバイザーに転職についての相談をして、リスクを下げて転職活動ができる

IT業界に転職する近道とは【無料あり、転職保証アリ】

無料になる条件付きのスクールや、補助金で56万円キャッシュバックがあるスクール、転職保証アリは当たり前なので、転職、就職先の質にこだわりたいなら、学習内容、時間などを比較するといいでしょう。

スクールでスキルアップ後、転職したい方向け(無料、転職保証アリ)のところもあるし、実際、無料カウンセリングの体験するために申し込んだ記事もあるので⇓

【DMM WEBCAMPの口コミ】50歳おっさんが無料体験!?

【侍エンジニア塾の口コミ】50歳おっさんが無料体験!?

というわけで、現場からは以上です。(”◇”)ゞ

ではまた!