Webの将来性や職種、年収、本当にIT業界に将来性あるか?検証

Webマーケティング

IT業界の今後や将来性がどのようになっていくのか、詳しく知りたい

T業界にシステムエンジニアとして転職したいが、業界自体の現状はどうなっているんだろう?

IT業界の今後についてどうなって行くのか、気になった。将来性はどうなの?

IT業界に将来性はあるのか?将来求められるスキルは?

そう思って悩んでいる方に解説したいと思います。

 

・IT業界の現在と今後の将来性と市場規模にビビった【世界の話】

・今後将来のIT業界と世界に訪れる働き方改革2.0

・IT業界の年収や待遇の真実を知ると転職したくなるよ

 

本記事の信頼性

Webマーケティング

この記事を書いている私は、広告代理店でWEBマーケティング担当と営業をしつつ、副業ブログで月50万円ほど稼いでいます。

今回は、IT業界、Webマーケティング業界に転職を考えているあなたへ、実際にWebマーケ担当として働いている私(つい最近退職しました)が、20代、30代の方に熱く語りたいと思います。

えー今回は「IT業界の将来性や職種、年収、本当にIT業界に将来性あるか?検証」です。

IT業界の将来性や市場規模なんて知ってるよ」という方はここでそっと閉じて結構です。

でもさみしいからちょっと付き合ってくれると嬉しい。(*”ω”*)

今回、IT業界へ転職する方興味のある方向けに解説していきます。私も、広告代理店に転職するまでは、知識はほぼゼロ。飲食業界の時は実行部隊でしたから。

でも今はフリーランスでブログから毎日収入を得て暮らしていますし、とてもIT業界を気に入っています。(≧▽≦)

IT業界の現在と今後の将来性と市場規模にビビった【世界の話】

Webマーケティング

ITといっていったい何が頭に浮かぶでしょうか?「AI」「プログラミング」「SE」「エンジニア」といったスキル系のことが頭に浮かぶでしょう。

まず、IT業界に転職、就職したいならどんな業界なのかをリサーチしないと、始まりません。

という事でまずはIT業界というものがどんな業界で成り立っているのか?どんな会社やメーカーがあるのかを知っておきましょう。

IT業界とはどんな業界?で職種はどんなの?

ITとは「Information Technology(インフォメーションテクノロジー)」の略称です。「情報技術」という意味があります。該当するのは以下のような業界になります。

Webサービス業界

代表的なのが「Facebook」「Instagram」といったSNSや、コミュニケーションアプリ「LINE」、料理共有サイト「クックパッド」などになります。

Webサービスを開発・運用する業界です。

インターネット・通信サービス業界

SoftBank」「KDDI」「NTTデータ」などはインターネット・通信サービス業界になります。

格安SIMの登場により、 LINEなども通信サービスに入ってくるかもしれません。

IT情報処理サービス業界

情報処理サービスはSI(System Integration)とも呼ばれ、企業の課題を分析し、システムの企画や立案や、保守管理などを行います。

SIサービスを提供している企業・業者をシステムインテグレータ 【 System Integrator 】  SIer / SIベンダーと呼びます。

営業や企画、設計などのいわゆる上流工程や、顧客窓口やプロジェクトの進捗管理、下請け企業との受発注管理など管理・調整業務に仕事が特化しており、下請けになると長時間労働などの問題が出てきています。

ソフトウェア業界

ソフトウェアとはコンピューター上で多様な処理を行うプログラムの事です。

OSはマイクロソフト、アプリケーションはオラクルと言われており、それは揺らぐことのないものと思われてきました。しかしクラウド化によるIoTの波とオープンソースの出現で誰しもがトップになれる可能性があります。

またクラウドを大いに利用したテレワーク、複(副)業支援など会社独自の働き方が進んでいる企業が多い業界です。

代表的な企業としては日本オラクル株式会社、トレンドマイクロ株式会社、サイボウズ株式会社(Cybozu, Inc.)などが有名です。

ハードウェア業界

日立、ソニーなど電子機器類のような「目に見える」機械や設備、装置を作るメーカーがそうです。

IoT(Internet of Things)と呼ばれる技術が今後主流となるので、将来性もある企業が生まれる事でしょう。

IT業界の将来性と市場規模はやばい

IT転職、WEBマーケティング

このグラフを見れば一目瞭然ですが、2015年あたりから、IT業界では慢性的な人材不足が続いています。

これは2020年以降、すぐに解決することは難しいでしょう。特にエンジニアやプログラマーの不足が深刻です。

ですが今回のコロナウィルスのように緊急事態宣言で、町がロックダウンしようとも、仕事は続けられます。

そして、

大手企業(GMO の社長のツイート)を観ても、「在宅勤務、テレワークをしても問題ない」という会社があるのです。

Webマーケティング

今回のコロナウイルスの影響を受けていない企業こそがIT企業です。これによって働き方改革が起こることは確実です。

のんきに就活している場合ではないですよ。未経験でも、スキルがなくても転職が出来る、将来性がある、年収も上がる業界に今乗り移ったほうがいいと思います。

泥船に乗っていると、一緒に沈んじゃいますよ。

何故ならAIとビックデータを活用する時代のフェーズ1にすでに入ってしまっているからです。

この後AIとビックデータを活用しデバイスとつなげていくフェーズ2

それらをまとめたサービスにするフェーズ3に入っていきます。

このチャンスに乗り遅れると勝ち組と負け組がはっきり分かれますよ。

ITのファーストステージ「プラットフォーム作り」では、惨敗でしたが、セカンドステージにこれから入るので「また日本の時代がやってくる可能性は高いです

※この辺のことはシン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成で安宅和人先生が書いてますが、読んでいるうちにマジやばいなって思います。

安宅和人(あたか・かずと)
慶應義塾大学 環境情報学部教授
ヤフー株式会社 CSO(チーフストラテジーオフィサー)
データサイエンティスト協会理事・スキル定義委員長。東京大学大学院生物化学専攻にて修士課程修了後、マッキンゼー入社。4年半の勤務後、イェール大学脳神経科学プログラムに入学。2001年春、学位取得(Ph.D.)。ポスドクを経て2001年末マッキンゼー復帰に伴い帰国。マーケティング研究グループのアジア太平洋地域中心メンバーの一人として幅広い商品・事業開発、ブランド再生に関わる。2008年よりヤフー。2012年7月よりCSO(現兼務)。全社横断的な戦略課題の解決、事業開発に加え、途中データ及び研究開発部門も統括。2016年春より慶應義塾大学SFCにてデータドリブン時代の基礎教養について教える。2018年9月より現職。内閣府 総合科学技術イノベーション会議(CSTI)基本計画専門調査会 委員、官民研究開発投資拡大プログラム (PRISM) AI技術領域 運営委員、数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度検討会 副座長なども務める。著書に『イシューからはじめよ』(英治出版、2010)

>>シン・ニホン (NewsPicksパブリッシング) Kindle版

という事で、行動しないと!!!

すでにゲームのルールが変わったのに、それに気づかないと、たぶんこの先の未来は明るくないですよって話です。

今後将来のIT業界と世界に訪れる働き方改革2.0

Webマーケティング

リモートワーク、テレワーク、コロナショック後に必須スキルとは?」にも書いてありますが、2020年コロナウィルスの収束の後に大きな働き方改革がやってきます。

まず今現在4月ですが5月までに多くの中小企業、大企業がやっていけなくなる可能性が高い!

旅行業、飲食業、エンターテイメント、といった人が来てくれないと収益に直結しない企業は本当にヤバイ。やり方はありますけどね。

ちなみに「ANAとJAL」コロナ禍で被る途方もない衝撃に書かれれてますが、航空業界はとんでもない損失です。1000億円の融資契約を締結していますが、一か月で400億、500億の損失なので、長くて2か月くらいしか持ちません。

あれだけ大きな会社でも、融資を受けて2か月くらいしか持たないなら、中小企業なんて5月まで持たない。

でも、収益に問題がない業界がある。

それがIT業界。

彼らは今も儲かってますから、今後、もっと安くなったところで日本の大きな企業を買収にかかるかもしれない。

これは当然海外の会社も狙っているはず。

一番やばいのが銀行で、貸し付けが焦げ付くことになると、大手3行でも危ない。アメリカなんてさらにやばいと思う。

なので、大混乱になる前に転職は考えた方がいいと個人的には思います。

※これを書いた2週間後にボーイング社がやばくなりました。マジやばいです。ボーイング、「787」の生産半減 日本勢も打撃:日経新聞

IT業界の年収や待遇の真実を知ると転職したくなるよ

Webマーケティング

まあ、そうは言われても600万、700万貰っている人は、転職考えないと思いますが、今現在、会社が稼働していないなら、相当な損益出てるので、将来考えた方がいいですよ。

転職サイトDODAが約36万人のビジネスパーソンを対象に行なった調査「平均年収ランキング」の結果です。調査によると、IT/通信業種の平均年収は「461万円」

男女別に見ると、男性が488万円、女性が391万円となっています。

世代別に見ると、

  • 20代 373万円
  • 30代 505万円
  • 40代 620万円
  • 50代以上 753万円

生涯賃金に換算するとおよそ2億6287万円という結果です。調査対象のビジネスパーソン全体の平均年収は414万円となっているので、平均よりも50万円以上の年収が見込めます。

ちなみに平均だから、これより下もあれば上もあるってこと。

平均年収を他業種と比べた場合

Webマーケティング

 

なので、すでにあらゆる業界の中で高給が見込めるのはIT/通信業種であると結論がでている。

もちろん、IT業界全体を見ると、他業種よりも平均年収が高い傾向にありますが、

マネージャーやITコンサルタントのような職種は高収入であることが多いです。年収1,000万円を超える人も少なくありません。

同じ業界であっても職種によって年収は大きく異なります。

しかし、そんなのは目指す必要はないんです。

将来キャリアアップをしたいのですか?それとも自分の生きたい人生を叶えたいですか?

キャリアアップするごとに年収は増えるのですが、IT業界は特にその伸び率が高い。

でもそれ以上に、自分のスキルを高めて、会社を踏み台にしてフリーランスとなったほうがさらに高い収入と、自由な時間を手に入れることが出来ます。

IT業界に就職・転職する時の注意点

Webマーケティング

IT情報処理サービス業界のところでもご紹介しましたが、IT業界でもブラックはあります。

それは下請けになってしまう事。定収入、長時間労働・・・。

そうならないためにも、面接に行こうとしている企業がどういう企業なのか?ちゃんとリサーチする必要があります。

もしあなたがITで高収入、好待遇を受けたいのであれば

・大企業に就職する

・元請け企業に就職する

・外資系大手企業に就職する

といった企業に就職するのが一番安全。

そして、そこを踏み台にフリーランスになったら、もう自由の世界。

次はどうすれば年収の高いエンジニアになれるのかポイントを上げていきます。

年収の高いエンジニアになるには?

誰だって年収は高い方がいいですよね。IT業界でも稼げるのはどれでしょうか?

スキル、言語について説明していきます。

プログラミング・ITスキル

IT業界は実力主義の風潮があります。そのため年齢や勤続年数ではなく、スキルや実績が高く評価されます。

スキルが高ければ年齢なんて関係ありません。

転職の際も「自分で転職先を選ぶことが出来ます」

スキルの高いエンジニアほど収入は上がり、ニーズは高まっているのです。

習得したいプログラミング言語

プログラミングには様々な言語があります。

そして、IT業界の技術やトレンドはめまぐるしいペースで変わっていくので、それに対応できるプログラミング言語を習得しているエンジニアが高収入になるのは当たり前。

では、今のトレンドはというと

出典:プログラミング言語人気ランキング2020、2位に「大躍進」したあの言語

出典:Annual report is published indicating that the GitHub community is expanding all over the world

出典:2019年人気&嫌われプログラミング言語ランキング- Stack Overflow

の3つのランキング記事を見てみると。

日経xTECH GITHUB Stack Overflow
  • 1位:C/C++
  • 2位:Python
  • 3位:JavaScript
  • 4位:SQL
  • 5位:C#
  • 6位:Java
  • 7位:VBA
  • 8位:HTML/CSS
  • 9位:PHP
  • 10位:VB.NET
  • 1位:JavaScript
  • 2位:Python
  • 3位:Java
  • 4位:PHP
  • 5位:C#
  • 6位:C++
  • 7位:TypeScript
  • 8位:Shell
  • 9位:C
  • 10位:Ruby
  • 1位:JavaScript
  • 2位:HTML/CSS
  • 3位:SQL
  • 4位:Python
  • 5位:Java
  • 6位:Shell
  • 7位:C#
  • 8位:PHP
  • 9位:C++
  • 10位:TypeScript

となりました。

これから注目されるのがAI(人工知能)、IoT(Itnternet of Things)、VR(仮想現実)AR(拡張現実)です。その為に必要スキル、準備は何なのでしょうか?

AI(人工知能)のエンジニアになるなら

今後、トレンドとなるIT技術で重要なAI(人工知能)に使われるPythonがすべてのランキングで上位に入っているのは当然のことでしょう。

このPythonを使えるエンジニアのニーズが高まっており、企業でも待遇を良くして採用を行っています。

IoT(Itnternet of Things)のエンジニアになるなら

IoT(Itnternet of Things)も見逃せないトレンドで今後、さらに物と情報技術のつながりが深くなると考えられます。

AI(人工知能)+ビックデーターで得られたデータをどう分析すればいいのか?有益な情報として見える化(企業活動においてデータから得られる問題を客観的に把握しやすい形にして共通認識させること)が必要になります。

1つの分野のみを専門的に担当するエンジニアではなく、ハードウェアからソフトウェアまでシステム開発に関わる複数の分野をまたいで担当することができるフルスタックエンジニア(複数のスキルを持っているシステムエンジニア)が求められてくるので、より多くの言語を学ぶ必要が出てくるでしょう。

VR(仮想現実)AR(拡張現実)のエンジニアになるなら

VR(バーチャルリアリティ)は、仮想世界に現実の人間の動きを反映させて、現実ではないが現実のように感じさせる技術のことをいいます。

すでにゲームやビデオで体験した人も多いことでしょう。

AR(オーグメンテッドリアリティ)は、現実の世界の一部に仮想世界を反映させる技術です。

イメージしやすいのは漫画ドラゴンボールのスカウターのように、現実に仮想世界を反映させる技術のことを言います。

ARやVRは今後PCやスマートフォンに続く第三のプラットフォーム可能性があると言われています。

MM総研によると、ARとVRともに今後市場規模は拡大してき、2021年度にはARコンテンツ市場が355億円、VRコンテンツ市場が710億円にまで拡大すると予想されます。

ブロックチェーンのエンジニアになるなら

ブロックチェーンといえばビットコインを思い出す人が多いでしょう。

仮想通貨に使われていた技術が「ブロックチェーン」

ビットコインを始め仮想通貨が広がったことは、仮想通貨に不可欠なブロックチェーンがそれだけ有用なシステムであることを証明しました。

課題は多いですが、世界を見れば、この技術を使った投票や、「スウェーデンでは数千人が体内に埋め込んだ、マイクロチップによるパーソナライゼーションの高度化」が現実化しています。

攻殻機動隊やサイコパスといったアニメの世界が現実になるのもすぐそこに来ているのかもしれません。

IT業界へ転職するために持っておきたいスキル

Webマーケティング

IT業界へシステムエンジニアとして転職するには、未経験でも転職は出来ますが持っておいた方がいいスキルもあります。

・プログラミングスキル

・コミュニケーションスキル

・マネジメントスキル

・ITに関する知識。関心

もちろん、入社して実地や独自の勉強などでスキルアップすることは可能です。

ですが、これからITスキルを身につけたいという方も、できる限り最新のスキルを身につけるよう意識した方がいいと思います。

この記事で紹介したAI(人工知能)やIoT、VR/ARなどが、今後のトレンドとなるので、日本で仕事をしていくには必要不可欠な技術になるでしょう。

まとめ:未経験者はプログラミングスクールに通うのが近道

Webマーケティング

未経験でも入社することも採用されることも可能ですが、入った後のことを考えると少しはスキルがあったほうが絶対いいです。

ちなみに、未経験者が独学で身につけるにはハードルは高いです。私は本当に苦しかった。(ノД`)・゜・。

プログラミングスクールに通えば

・自分がどのくらいプログラミングを理解できるのかもわからない

・どんな教材を使えばいいか見当がつかない

・わからないことがあっても周りに質問する人がいな

といった挫折してしまう原因がなくなります。

せっかくプログラミングを学習する気になったなら挫折するのはもったいない。

なので、未経験者はプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

さらにエンジニアへの転職を考えているのであれば、転職サポート付きのスクールを選びましょう。

転職サポート付きのスクールでは、キャリアアドバイザーが転職活動の相談に乗ってくれます。面接対策や悩みごとの相談、あるいは受講生に沿った求人の紹介などにも対応。初めてのIT転職でも安心して進められます。

未経験からのIT業界転職は右も左もわからないことばかりでしょう。プロに相談しながら転職活動を進めることで、精神的な負担を減らしつつ、転職成功率も高められます。

IT業界の現状としては、技術が日々進歩する裏で、深刻な人材不足が続いています。システムエンジニア・プログラマーは引く手数多で、転職のチャンスも多いです。

IT業界への転職を考えているのであれば、現状が続いているうちに早めの行動をおすすめします。

行動しないと、待遇、年収が良いところが埋まっちゃいますので、行動してください。という事で、現場からは以上です。(”◇”)ゞ

ではまた!

【DMM WEBCAMPの口コミ】50歳おっさんが無料体験!?

DMM WEBCAMP

【DMM WEBCAMPの口コミ】50歳おっさんが無料体験!?

2020.05.27